売買契約-不動産売買契約

いよいよ売買契約です。売買契約は仲介の場合は価格交渉から1週間後くらいに設定されるのが一般的。契約当日はセンチュリー21豊川 宅地建物取引士による重要事項説明確認の後、条件交渉で合意に達した事項を盛り込んだ売買契約書の内容を買主様と売主様に確認していただきます。

内容をご理解されたら、契約書に署名・捺印し、売主様に手付金の支払いが必要になります。手付金は不動産取引においては物件価格の10%くらいが相場です。 なお、契約を解除するに手付金を放棄しなければなりません。

売買契約が成立すると、仲介会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料は、売買契約締結時と残金決済時の2回にわけるのが一般的です。

センチュリー21は、世界中の78の国と地域6,800店舗、10万人の営業マンを擁する世界最大の不動産ネットワークです。 国内でも895店舗の安心ネットワークで、皆様の大切な不動産のお取り扱いを託されております(店舗数は2016年5月末現在)。
センチュリー21豊川は未公開物件含め多くの不動産物件を取り揃えております。豊田市・みよし市・岡崎市の不動産・一戸建てなど、西三河エリアでの実績が多くございます。住宅ローンの審査や契約も提携先銀行がございます。また、長期優良住宅・フラット35S対応住宅・制震、免震、耐震構造の住宅、地盤調査済の物件も数多く取り扱っております。名鉄豊田線、名鉄三河線、愛知環状鉄道などの物件購入・不動産売買はセンチュリー21豊川にお任せください。