引き渡し-物件の最終確認

物件の最終確認、融資の実行立ち会いからお引き渡しまでセンチュリー21豊川が最後まで責任を持ってお手伝いします。

残代金の決済の前に、入居後のトラブルを防ぐため、物件が引渡し可能な状態であるか、契約時と状況が違っていないかなど、買主様と売主様が、センチュリー21豊川のスタッフと三者立ち会いももと、物件が引渡し可能な状態であるかを最終的に確認します。

新築住宅の場合

新築住宅の場合、引き渡し前に完成した住宅の仕上がりの最終確認が行われます。

・契約・仕様に沿っているか
キッチンやトイレの仕様、内装材や建具、その他設備が契約通りのものになっているかを確認しましょう。
・仕上がり状態
ドア、建具の開閉やスムーズか、壁材や床材、天井などに傷がないかなどを確認しましょう。不具合が見つかった場合には、引き渡しまでに直してもらうように依頼します。 問題がなければ、住宅の仕上がり具合を確認した旨の書類に署名・押印し、最終確認は終わります。

中古住宅の場合

中古住宅の場合には、引き渡し日までに売主またはセンチュリー21豊川立ち会いのもと、現場の確認をするケースがあります。約束した修理等は完了しているか、引き継ぐ予定の付帯設備があるかなど、契約条件に沿った状態であるかをしっかり確認しましょう。

センチュリー21は、世界中の78の国と地域6,800店舗、10万人の営業マンを擁する世界最大の不動産ネットワークです。 国内でも939店舗の安心ネットワークで、皆様の大切な不動産のお取り扱いを託されております(店舗数は2018年7月末現在)。
センチュリー21豊川は未公開物件含め多くの不動産物件を取り揃えております。豊田市・みよし市・岡崎市の不動産・一戸建てなど、西三河エリアでの実績が多くございます。住宅ローンの審査や契約も提携先銀行がございます。また、長期優良住宅・フラット35S対応住宅・制震、免震、耐震構造の住宅、地盤調査済の物件も数多く取り扱っております。名鉄豊田線、名鉄三河線、愛知環状鉄道などの物件購入・不動産売買はセンチュリー21豊川にお任せください。