引き渡し-金銭消費貸借契約

金融機関から融資が承認されたら、金融機関との間で正式な金銭消費貸借契約・抵当権設定契約を交わすことになります。

金銭消費貸借契約は売買契約と同じくらい重要。もちろん当社スタッフが立ち会いますが、お客様ご自身が金融機関と連絡を取り、出向いて本人確認のうえ締結しなければなりません。金融機関との契約書・金利に関する事・登記関係書類・成年後見制度に関するものなど、かなりの大量の書類に署名捺印することになり、時間にして約1時間程度は必要とみてください。

この金銭消費貸借契約によって残代金決済の準備は整ったことになります。

金銭消費貸借契約に必要なもの

銀行やお客様の属性、売買契約内容によって異なりますが、基本的には以下が必要となります。

・源泉徴収票
・住民票(ご家族全員分)
・印鑑証明証
・納税証明書
・本人確認書類(免許証・保険証のコピーなど)
・実印
・通帳
・銀行印
・収入印紙

センチュリー21は、世界中の78の国と地域6,800店舗、10万人の営業マンを擁する世界最大の不動産ネットワークです。 国内でも939店舗の安心ネットワークで、皆様の大切な不動産のお取り扱いを託されております(店舗数は2018年7月末現在)。
センチュリー21豊川は未公開物件含め多くの不動産物件を取り揃えております。豊田市・みよし市・岡崎市の不動産・一戸建てなど、西三河エリアでの実績が多くございます。住宅ローンの審査や契約も提携先銀行がございます。また、長期優良住宅・フラット35S対応住宅・制震、免震、耐震構造の住宅、地盤調査済の物件も数多く取り扱っております。名鉄豊田線、名鉄三河線、愛知環状鉄道などの物件購入・不動産売買はセンチュリー21豊川にお任せください。