年金

老後に必要な額は?ゆとりある老後を迎えるには?計画な資金準備が大切です。

総務省が発表した「家計調査(平成17年)」によれば、高齢者世帯が実際に必要とする生活費は、月額約27万円となっています。 また、生命保険文化センターが行った「生活保障に関する調査(平成16年)」では、ゆとりある老後を送るために必要な生活費は月額約38万円となっています。

では、実際、いくらの年金収入を得られるのでしょうか?

一方、老後の生活において収入の中心となると考えられる公的年金は、会社員世帯のモデル年金(厚生労働省発表の厚生年金に40年加入している会社員の夫と国民年金に40年加入している専業主婦の妻の夫婦の年金)は、夫婦合わせて約23万円、自営業夫婦であれば、国民年金に40年加入したとしても、夫婦合わせて約13万円です。

公的年金だけでは、平均的な生活費もまかなえないということです!

では、どのような準備を進めていくか...?

一般的には、足りない分は、個人年金(商品)や投資(商品)で準備していきます。
しかし、貯めたり増やしたりするには一定の資金や時間が必要です。 そこで、不動産を使った効率的な資金準備があります。詳しくはセンチュリー21豊川までお問い合わせください。

センチュリー21は、世界中の78の国と地域6,800店舗、10万人の営業マンを擁する世界最大の不動産ネットワークです。 国内でも939店舗の安心ネットワークで、皆様の大切な不動産のお取り扱いを託されております(店舗数は2018年7月末現在)。
センチュリー21豊川は未公開物件含め多くの不動産物件を取り揃えております。豊田市・みよし市・岡崎市の不動産・一戸建てなど、西三河エリアでの実績が多くございます。住宅ローンの審査や契約も提携先銀行がございます。また、長期優良住宅・フラット35S対応住宅・制震、免震、耐震構造の住宅、地盤調査済の物件も数多く取り扱っております。名鉄豊田線、名鉄三河線、愛知環状鉄道などの物件購入・不動産売買はセンチュリー21豊川にお任せください。