アウトフレーム工法 ( あうとふれーむこうほう )

マンションの建築工法のひとつで、柱や梁などのフレームを室外に出す設計のこと。アウトポールともいう。

ラーメン構造の場合は、柱や梁が室内側にでっぱり、デットスペースを生み出してしまう。この短所を解消したのがアウトフレーム工法である。

 つまり、柱や梁を住戸の外側に出してしまえば、住戸の室内には柱や梁の出っ張りはなくなるから、部屋を有効に使える。

バルコニー側と開放廊下側の両方に柱型はあるが、バルコニー側を外に出すケースが一般的。