シックハウス症候群 ( しっくはうすしょうこうぐん )

読み方:しっくはうすしょうこうぐん

建材や家具に使用された塗料、接着剤などに含まれるVOC(揮発性有機化合物)などの化学物質の影響により引き起こされる、めまい、頭痛、吐き気、目・鼻・のどの痛みなどの健康被害の総称である。

 特に近年、住宅の気密性の高まりとあいまって、新築後間もない住宅での被害が多い。

 そこで、平成15年7月1日施行の建築基準法改正で「居室を有する建築物は、その居室内において政令で定める化学物質の発散による衛生上の支障がないよう、建築材料及び換気設備について政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない。」(建築基準法28条の2第3号)と定められた。