京間 ( きょうま )

読み方:きょうま

主に近畿地方以西で使用される柱間寸法。土地・建物の基準となる1間(いっけん)の長さや畳の大きさは、地域によってかなり異なり、その代表的なものが京間、関東間である。 

 京間の大きさは191cm×95cmと関東間よりも大きい。

 最近は91cmを基本モジュールとする木造建築が大半となり、ベニヤ板やボードも現在ほとんど182cm×91cmのサイズで作られている。