修繕義務 ( しゅうぜんぎむ )

読み方:しゅうぜんぎむ

不動産の賃貸借において、賃貸人はその目的物を使用収益できるように、必要な修繕を行う義務を負っている(民法606条)。

 この義務は賃貸人として、目的物を使用収益させて賃料を得ていることから、当然に生ずるが、民法第606条は任意規定であるので、特約によってこれと異なる定めをすることも可能である。

 通常は、修繕義務を賃貸人と賃借人でそれぞれ分担するのが一般的である。