借地借家法 ( しゃくちしゃっかほう )

読み方:しゃくちしゃっかほう

平成4年8月1日に施行された、借地関係・借家関係について規定する法律。借地借家法が施行されたことにより、従来の、借地法、借家法、建物保護に関する法律は廃止された。

 借地、借家の関係を活性化するために、借地契約については、定期借地権、事業用借地権、建物譲渡特約付借地権という、新しい借地権が創設された。

 また、借家契約においては、定期建物賃貸借(定期借家)の制度が導入されている。