借地権割合 ( しゃくちけんわりあい )

読み方:しゃくちけんわりあい

借地権が取引の対象になっている場合の、借地権価額(価格)のその土地の価額(価格)に対する割合をいう。

 その割合は地域により、また借地権の期間等によりさまざまであるが、一般的に商業地では高く、住宅地、工業地の順に低くなるとされている。

 また、相続税評価では、路線価図で設定された借地権割合が、その地域での借地権取得指標とされているが、おおむね、住宅地で60%、商業地で70~80%程度である。

 なお、市場における借地権割合と税務上の借地権割合は必ずしも一致するとは限らない。