元利均等返済方式 ( がんりきんとうへんさいほうしき )

読み方:がんりきんとうへんさいほうしき

借入金の元金及び利息を、各返済期の返済額が同一額になるように計算される返済方式。

 この返済方式は、返済額が一定しているので、返済計画が立てやすく、また元金均等返済方式に比べ、当初の返済額が少ないという利点があるため、多額で長期にわたる住宅ローンの返済方法として一般に利用されている。

 反面、元金均等返済方式と比べると返済総額は多くなり、当初は利息分の支払いが多く、元金の返済がなかなか進まないといった欠点もある。