元金均等返済方式 ( がんきんきんとうへんさいほうしき )

読み方:がんきんきんとうへんさいほうしき

融資金の返済方法のひとつ。元金の返済額を一定にする方法。

 毎回の元金の返済額は同一で、当初のうちは利息の額が大きく、両者を合わせた返済額は高いが、元金を返済するに従い利息分は減少する。

元利均等返済方式と比較すると返済総額は少なくなるという利点がある。

 住宅ローンの返済方法としては、返済期間が短期の場合等に用いられているが、元利均等返済方式に比べて用いられることは少ない。