公開空地 ( こうかいあきち )

読み方:こうかいあきち

建築基準法の総合設計制度による建築物の敷地内の空地のうち、日常一般に公開される部分をいう。

 公開空地の有効面積に応じて、建物の容積率の割り増しや高さ制限の緩和を受けることができる。

 周囲を塀で囲ったり、常設的な建築物を設置したりすることはできず、一般に開放され、歩行者が自由に通行できるようになっていなければならない。