内金 ( うちきん )

読み方:うちきん

売買代金や請負代金等を一時に支払わず、何回かに分けて支払う場合の最終回以外のものをいう。

手付とは違い、契約が解除になった場合は返還される性質のものである。

 また手付は契約の義務が履行されれば代金に充当されるのに対して、内金は交付される時点ですでに代金の一部である。