原価法 ( げんかほう )

読み方:げんかほう

不動産の価格を求める手法で、価格時点における対象不動産の再調達原価を求め、この再調達原価について減価修正を行って対象不動産の試算価格(積算価格)を求めるものである。

原価法は、対象不動産が「建物」または「建物及びその敷地」である場合に、再調達原価の把握と減価修正を適切に行なうことができるときに有効である。

「土地のみ」についても、再調達原価を求め得る造成地、埋立地等の場合はこの手法を適用できるが、既成市街地における土地のように、再調達原価を把握できない場合は、適用は困難である。