固定資産税評価額 ( こていしさんぜいひょうかがく )

読み方:こていしさんぜいひょうかがく

固定資産税を計算する基になる価格のこと。また、都市計画税、不動産取得税、登録免許税等の計算の基準にもなる。

 全国の市区町村や都税事務所に、土地と建物それぞれの課税台帳があり、土地一筆ごと、家屋一軒ごとの評価額が登録されている。

 なお土地・家屋の固定資産税評価額については3年に1度「評価替え」が実施されており、この評価替えの年度を「基準年度」という。この固定資産税評価額は、基準年度の評価額が次年度および次々年度にそのまま引き継がれるのが原則である。

 ただし次の1または2の事情等があるときは、基準年度以外の年度であっても、土地の固定資産税評価額を変更するものとされている。 1.分筆、合筆、地目変更により土地の区画・形質が変化したこと。
2.著しい地価の下落があったこと。