国土利用計画法 ( こくどりようけいかくほう )

読み方:こくどりようけいかくほう

この法律は、国土利用計画の策定に関し必要な事項について定めるとともに、土地利用基本計画の作成、土地取引の規制に関する措置その他土地利用を調整するための措置を講ずることにより、総合的かつ計画的な国土の利用を図ることを目的とする。 国土法と略称される。

 投機的な土地取引によって起こった地価の急騰の反省から昭和49年に制定された。

土地の投機的取引の規制のために、都道府県知事には規制区域・注視区域・監視区域を指定する権限が与えられている。