国土法の届出 ( こくどほうのとどけで )

読み方:こくどほうのとどけで

ある一定規模以上の土地の売買等の契約を締結した場合、国土利用計画法23条1項に基づく届出が必要となる。

 国土法の届出が必要な区域及び売買等の面積は次のとおりである。 1.市街化区域 2,000m2以上 
2.市街化調整区域 5,000m2以上 
3.都市計画区域外 10,000m2以上 
上記の土地を単独又は一団で買った場合、国土法の届出が必要となる。

 届出期間は売買等の契約の日を起点として2週間以内であり、届出をしなかった場合には、法律により6ヵ月以下の懲役又は100万円以下の罰金に処される場合がある。