壁式鉄筋コンクリート構造 ( かべしきてっきんこんくりーとこうぞう )

読み方:かべしきてっきんこんくりーとこうぞう

柱、梁を設けず、基本的に壁だけで荷重を支えるような鉄筋コンクリート構造。主として、低中層の共同住宅などの建築に用いられる。

 柱・梁がないため、建物の内部空間が広く使用できるというメリットがあり、また骨組構造に比較して経済的であるとして普及しているが、反面、柱・梁がないため階数に限界があるとされ、高層建築には不向きである。