強行規定 ( きょうこうきてい )

読み方:きょうこうきてい

当事者が欲して、それと異なる法律行為をしても、それを無効とするような規定で「強行法規」ともいわれる。

 この反対に、当事者の意思によって適用しないことができる規定は「任意規定(任意法規)」という。

 強行規定は公の秩序に関する規定であるから、公法上の規定は強行規定であることが多い。

 ただし、私法上の規定でも、身分関係の法規、例えば民法の相続に関する諸規定は、社会秩序の根本に関わる規定であるから「強行規定」であると判断されている。

 また、消費者や社会的弱者を保護するための法規(借地借家法等)も、私法上の規定であるが強行規定である。