構造計算書 ( こうぞけいさんしょ )

読み方:こうぞけいさんしょ

設計図書の作成過程において、柱や梁にかかる荷重や風圧、地震などに対する建物の構造安全性を計算により確認するが、その計算一式をとりまとめた書類のこと。

建築物に想定される荷重及び外力がかけられた場合、その荷重及び外力によって発生する応力が、構造躯体の各部分にどのように発生するか(応力解析)と、その応力によって部材に発生させる応力度が、その担われる部材の有する許容応力度の範囲に納めるための部材設計とから構成される。

 各部材に発生する応力度が、その部材固有の許容応力度以下であれば、構造的に安全であると判断される。

建築基準法では3階建て以上の木造の建物や、2階建て以上の鉄筋コンクリート造の建物等で構造計算が義務付けられている。