現状有姿売買 ( げんじょうゆうしばいばい )

読み方:げんじょうゆうしばいばい

土地建物等が売買されるときに、売主は引渡時の現況のままで引き渡す債務を負担するにすぎないという趣旨で、契約書中に「現状有姿のまま」等と記載されることが多いが、その意義、具体的な内容については不動産業界でも定説はない。

 この記載があるからといって、売主の瑕疵担保責任が免れるとは通常考えられていない。