空地率 ( くうちりつ )

読み方:くうちりつ

敷地内の空地面積(建築物の敷地面積から建築面積を差し引いた値)の敷地面積に対する割合をいう。空地率+建ぺい率=100%となる。

 空地率が高いほど建築物の周囲の環境が良好になると考えられていて、近年、高い空地率を確保し、空地に歩行用通路・樹木・植栽等を整備することにより、不動産の価値自体を高めるという開発手法もある。