網入りガラス ( あみいりがらす )

読み方:あみいりがらす

中に金網や金属線をはさみ込んだ板ガラスのこと。

 ガラスが破損しても内部の網がガラスを支え、破片が飛び散らないことから、火災時に延焼、類焼を防ぐといわれ、また、落下の危険防止にも効果がある。

 ただし、割れてもガラスの破片が飛び散らないため、割れた時に床に落ちにくく、音が少ないため空き巣などには狙われやすいといわれている。

 ワイヤーガラス、網入り板ガラスともいわれる。