詐欺 ( さぎ )

読み方:さぎ

他人を欺(あざむ)いて錯誤に陥らせる違法な行為のこと。

 欺くとは、虚偽事実の捏造と真実の隠蔽などであるが、その行為が違法であるかどうかは、その場合ごとに判断される。

 詐欺によって意思表示をした者は、それを取り消すことができるが(民法96条1項)、善意の第三者に対抗することはできない(同法96条3項)。

 また、詐欺によって受けた損害は、詐欺者の不法行為として損害賠償の対象となり得る。