課税取引 ( かぜいとりひき )

読み方:かぜいとりひき

消費税が課税される取引のこと。

 本来消費税は、物品の販売やサービスの提供などのすべての取引に対して課税されるのが原則である。

 しかし税の性格や社会政策的配慮により消費税を課税しない非課税取引が存在する。