LPガス ( えるぴーがす )

読み方:えるぴーがす

英語のLiquefied Petroleum Gas(液化石油ガス)の頭文字をとったもの。常温で気体であるが、圧力を加えたり冷却したりすることにより容易に液化する。成分としてはプロパン、ブタン、プロペリン、その他エタン、エチレン等を含んでおり液化すると容積は1/250になる。

 日本では昭和27年頃から家庭用の燃料として利用されはじめ、いままで約2,700万世帯の家庭で使用され、都市ガスの2,500万世帯を超える普及率を示している。また、家庭・業務用以外にも工業用、LPガス自動車、電力用など幅広く使用されており、年間約2,000万トン近くの消費量がある。