アルファベット

F☆☆☆☆ ( えふふぉーすたー )

F☆☆☆☆(エフ・フォースター)は、住宅の内装に使われる建材の中で「ホルムアルデヒド」の発散量が最も少ないランクを示す等級です。

これはFの後に付く☆の数(☆☆☆☆~☆)に応じて発散量がわかるようにしたもので、☆の数が多いほどホルムアルデヒドの発散量が少ないことを示しています。

平成15年7月に施行された改正建築基準法で、シックハウスの原因とされる化学物質のうちホルムアルデヒドの住宅への使用が規制されました。内装仕上げについては、ホルムアルデヒドを発散する建材を壁や床、天井などに使用する際に面積制限を行うことになりました。
「F☆☆☆☆」の等級が表示された建材や内装材ならば制限なく使うことができますが、「F☆☆☆」の場合は床面積の2倍まで、「F☆☆」は床面積の0.3倍までしか使用できず、「F☆」等級の建材は使用を禁じられています。

F☆☆☆☆について詳しくみる

Century21 ( せんちゅりーとぅえんてぃーわん )

Century21(センチュリー21)は、1971年アメリカで誕生し、現在では世界73の国と地域に8000店舗、従業員数12万人の規模をもつ世界最大の不動産仲介ネットワークです。

センチュリー21・ジャパンは、センチュリー21国際本部とフランチャイズ契約にある日本のフランチャイジー(加盟国)であり、日本におけるセンチュリー21のフランチャイザー(日本本部)となっています。

株式会社センチュリー21・ジャパンは、日本国内でセンチュリー21のフランチャイズを展開するフランチャイザー(本部)で、不動産売買系の不動産フランチャイズとしては業界最大手です。

現在、30以上の都府県に750を超える加盟店があり、不動産ネットワークを展開しています。特徴として、国内に直営店を持ったことがなく、加盟店はすべて独立・自営となっています。

Century21について詳しくみる

Low-Eガラス ( ろういーがらす )

赤外線を反射しやすい、つまり熱を通しにくい断熱ガラスのことです。Low-E(ロウ・イー)とはLow Emissivity、つまり低放射を意味しています。

2枚あるいは3枚のガラスを組み合わせた複層ガラスに用いられることも多く、夏の日差しをカットする「遮熱性」を上げたり、冬に室内の熱を逃がさない「断熱性」を上げたりすることで、快適な室内温度と冷暖房効率アップを実現します。
他にも紫外線をカットしたり、結露を防いだりという効果もあります。

その分、通常のガラスに比べて高価であり、またガラスに特殊なコーティングをするために透明性にやや欠けるといった短所もあることは注意が必要です。

Low-Eガラスについて詳しくみる