上郷中学校
 

〒470-1218
豊田市上郷町4-5-1
TEL:(0565) 21-0035

上郷中学校について詳しくみる

衣丘小学校
 

〒471-0037
豊田市三軒町6-20-1
TEL:(0565) 34-2030

衣丘小学校について詳しくみる

九久平小学校
 

〒444-2216
豊田市九久平町寺前3-2
TEL:(0565) 58-0027

九久平小学校について詳しくみる

幸海小学校
 

〒444-2221
豊田市幸海町下御堂下切14-1
TEL:(0565) 58-0127

幸海小学校について詳しくみる

上鷹見小学校
 

〒470-0322
豊田市上高町宮下60
TEL:(0565) 41-2017

上鷹見小学校について詳しくみる

加納小学校
 

〒470-0364
豊田市加納町東股55
TEL:(0565) 45-0024

加納小学校について詳しくみる

駒場小学校
 

〒473-0925
豊田市駒場町新生58
TEL:(0565) 57-2507

駒場小学校について詳しくみる

高嶺小学校
 

〒470-1215
豊田市広美町高根2-1
TEL:(0565) 21-0026

高嶺小学校について詳しくみる

古瀬間小学校
 

〒471-0802
豊田市志賀町西之海道240
TEL:(0565) 80-0593

古瀬間小学校について詳しくみる

小清水小学校
 

〒471-0049
豊田市田町2-81
TEL:(0565) 32-0194

小清水小学校について詳しくみる

挙母小学校
 

〒471-0065
豊田市平芝町1-1-1
TEL:(0565) 31-0193

挙母小学校について詳しくみる

豊川市立小坂井東小学校
豊川市立小坂井東小学校

豊川市立小坂井東小学校

Toyokawa City Kozakai-higashi Elementary School (2012.04) 2.jpg 

国公私立の別
公立学校 

設置者
豊川市 

校訓
元気で仲良く よく遊び よく学べ 

設立年月日
1907年(明治40年)5月18日 

共学・別学
男女共学 

学期
3学期制 

所在地
〒441-0103 

愛知県豊川市小坂井町西浦87

北緯34度48分3.8秒東経137度21分39.4秒座標: 北緯34度48分3.8秒 東経137度21分39.4秒

豊川市立小坂井東小学校(とよかわしりつ こざかいひがししょうがっこう)は、愛知県豊川市小坂井町西浦にある公立小学校。

旧宝飯郡小坂井町(2010年に豊川市に編入合併)の中心部にある小学校で、児童数は546人、学級数は20クラス(2013年度)。

行事[編集]
マラソン大会
なわとび大会
運動会
自然保護ヤゴ救出作戦

交通アクセス[編集]
JR飯田線 小坂井駅から徒歩約10分
名鉄名古屋本線 伊奈駅から徒歩約10分

豊川市立小坂井東小学校について詳しくみる

豊川市立御油小学校

豊川市立御油小学校

豊川市立御油小学校

Toyokawa City Goyu Elementary School.JPG 

過去の名称
第二大学区四十五番地御油小学校
 百三十四番百三十五番連区小学校御油学校
 第三十二番小学校
 第三十一学区公立小学校
 尋常小学御油学校
 御油町立御油小学校
 御油町立御油尋常高等小学校
 御油町立御油国民学校
 御油町立御油小学校 

国公私立の別
公立学校 

設置者
豊川市 

校訓
かしこく、やさしく、たくましく 

共学・別学
男女共学 

所在地
〒441-0211 

愛知県豊川市御油町膳ノ棚4-1

北緯34度50分45.35秒東経137度18分47.24秒座標: 北緯34度50分45.35秒 東経137度18分47.24秒
 
豊川市立御油小学校(とよかわしりつ ごゆしょうがっこう)は、愛知県豊川市御油町膳ノ棚にある公立小学校。

概要[編集]

御油小学校は豊川市の西部の住宅街の中にあり、学校のすぐ後ろには山がそびえるなど自然豊かな環境にある。現在では学校の周りには家が建ち並んでいるが、1980年代ごろまでは学校の周りは一面田畑だった[1]。

児童数は523名(2013年度)、学級数は20クラス(同)である。

特徴的な行事として、校区内を流れる音羽川の清掃をする「音羽川クリーン作戦」がある。また、学校の近くには東海道の御油宿や御油の松並木があることから、総合学習ではこれらのことについても学んでいる。

卒業後は、豊川市立西部中学校に進学する。(戦後学制改革時より、合併まで御油町は豊川市へ中学校運営を委託。)

かつては現在ホームページに載せられている校歌の他に、"我等御油っこ"という校歌があったが、歌詞の内容から保護者などから批判され[要出典]、2000年代初頭ごろから学校で歌わなくなった。

沿革[編集]
1873年 - 第二大学区四十五番地御油小学校として開校
1875年 - 百三十四番百三十五番連区小学校御油学校と改称
1879年 - 第三十二番小学校と改称
1883年 - 第三十一学区公立小学校と改称
1886年 - 尋常小学御油学校と改称
1892年 - 御油町立御油小学校と改称
1903年 - 御油町立御油尋常高等小学校と改称
1941年 - 御油町立御油国民学校と改称
1947年 - 御油町立御油小学校と改称
1959年 - 宝飯郡御油町が豊川市と合併し豊川市立御油小学校となる。

主な行事[編集]
1年生を迎える会 
ゲームなどをして新入生とふれあう行事。

修学旅行 
行き先は京都・奈良。

音羽川クリーン作戦 
伝統行事の一つで、学校の近くを流れる音羽川の清掃をする。

野外学習 
かつては学校の近くにある遠見山でキャンプが行われていたが、現在では愛知県設楽町にある「きららの里」で2泊3日の野外活動をしている。

学芸会 
演劇や音楽の演奏。

奇数学年[1,3,5]は演劇、偶数学年[2,4,6]は音楽の演奏。

卒業生を送る会 
6年生が6年間の思い出を振り返る行事。退任・転任した先生からのメッセージなどもある。


学校周辺[編集]
旧御油宿
東三河ふるさと公園
御油の松並木

アクセス[編集]
名鉄名古屋本線 御油駅より徒歩約20分
名鉄名古屋本線 国府駅より豊川市コミュニティバス音羽線「松並木東」バス停より徒歩約5分

豊川市立御油小学校について詳しくみる

豊川市立小坂井西小学校
豊川市立小坂井西小学校

豊川市立小坂井西小学校

Kozakai-Nishi Elementary School.jpg 

国公私立の別
公立学校 

設置者
豊川市 

設立年月日
1907年5月18日 

共学・別学
男女共学 

所在地
〒441-0105 

愛知県豊川市伊奈町縫殿55-1

北緯34度47分48.78秒東経137度20分57.69秒座標: 北緯34度47分48.78秒 東経137度20分57.69秒
 
豊川市立小坂井西小学校(とよかわしりつ こざかいにししょうがっこう)は、愛知県豊川市にある市立小学校。

生徒数が640人を超えている、比較的大規模な小学校である。

校訓[編集]

正式な校訓は「礼譲」「至誠」「勤労」である。

この他にも校歌と連動した意味の、より子供に分かりやすい第2の校訓のようなものがある。詳細は旧小坂井町HP「町立小坂井西小学校」参照。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

愛知県豊川市伊奈町縫殿55-1

施設[編集]

校舎

低学年の教室や図書室がある北校舎と、高学年の教室や音楽室などの各種特別教室がある南校舎の2棟に分かれている。

ひょうたん池

木が植えられた小さな丘を囲むようにして作られた池であり、教材用の水棲生物が飼育されている。普段は生徒の遊び場になっているため、活発な生徒の中には(深さは大したことないので危険はないが)池に落ちて着替えを借りることになる者もいる。

プラネタリウム

南校舎の4Fにある。小学校としては珍しい設備であるが、扱える先生が限られることもあって、生徒にすらあまり知られていない。

校庭・スポーツ施設

校庭・体育館の他に、25mプール、野外バスケットコート、各種遊具が整備された中庭、同じく遊具が整備された築山がある。築山については現在駐車場になっている。

特色ある行事[編集]

修学旅行や運動会といった全国の小学校にあるもの以外の独自の行事としては、以下のものが挙げられる。
田植え・稲刈り
いもさし・いもほり
文化祭(小西祭)

近くの小中学校[編集]
豊川市立小坂井東小学校
豊川市立小坂井中学校

アクセス[編集]
JR西小坂井駅

豊川市立小坂井西小学校について詳しくみる

豊川市立国府小学校

豊川市立国府小学校について詳しくみる

豊川市立金屋小学校

豊川市立金屋小学校について詳しくみる