豊川市立御油小学校


豊川市立御油小学校

豊川市立御油小学校

Toyokawa City Goyu Elementary School.JPG 

過去の名称
第二大学区四十五番地御油小学校
 百三十四番百三十五番連区小学校御油学校
 第三十二番小学校
 第三十一学区公立小学校
 尋常小学御油学校
 御油町立御油小学校
 御油町立御油尋常高等小学校
 御油町立御油国民学校
 御油町立御油小学校 

国公私立の別
公立学校 

設置者
豊川市 

校訓
かしこく、やさしく、たくましく 

共学・別学
男女共学 

所在地
〒441-0211 

愛知県豊川市御油町膳ノ棚4-1

北緯34度50分45.35秒東経137度18分47.24秒座標: 北緯34度50分45.35秒 東経137度18分47.24秒
 
豊川市立御油小学校(とよかわしりつ ごゆしょうがっこう)は、愛知県豊川市御油町膳ノ棚にある公立小学校。

概要[編集]

御油小学校は豊川市の西部の住宅街の中にあり、学校のすぐ後ろには山がそびえるなど自然豊かな環境にある。現在では学校の周りには家が建ち並んでいるが、1980年代ごろまでは学校の周りは一面田畑だった[1]。

児童数は523名(2013年度)、学級数は20クラス(同)である。

特徴的な行事として、校区内を流れる音羽川の清掃をする「音羽川クリーン作戦」がある。また、学校の近くには東海道の御油宿や御油の松並木があることから、総合学習ではこれらのことについても学んでいる。

卒業後は、豊川市立西部中学校に進学する。(戦後学制改革時より、合併まで御油町は豊川市へ中学校運営を委託。)

かつては現在ホームページに載せられている校歌の他に、"我等御油っこ"という校歌があったが、歌詞の内容から保護者などから批判され[要出典]、2000年代初頭ごろから学校で歌わなくなった。

沿革[編集]
1873年 - 第二大学区四十五番地御油小学校として開校
1875年 - 百三十四番百三十五番連区小学校御油学校と改称
1879年 - 第三十二番小学校と改称
1883年 - 第三十一学区公立小学校と改称
1886年 - 尋常小学御油学校と改称
1892年 - 御油町立御油小学校と改称
1903年 - 御油町立御油尋常高等小学校と改称
1941年 - 御油町立御油国民学校と改称
1947年 - 御油町立御油小学校と改称
1959年 - 宝飯郡御油町が豊川市と合併し豊川市立御油小学校となる。

主な行事[編集]
1年生を迎える会 
ゲームなどをして新入生とふれあう行事。

修学旅行 
行き先は京都・奈良。

音羽川クリーン作戦 
伝統行事の一つで、学校の近くを流れる音羽川の清掃をする。

野外学習 
かつては学校の近くにある遠見山でキャンプが行われていたが、現在では愛知県設楽町にある「きららの里」で2泊3日の野外活動をしている。

学芸会 
演劇や音楽の演奏。

奇数学年[1,3,5]は演劇、偶数学年[2,4,6]は音楽の演奏。

卒業生を送る会 
6年生が6年間の思い出を振り返る行事。退任・転任した先生からのメッセージなどもある。


学校周辺[編集]
旧御油宿
東三河ふるさと公園
御油の松並木

アクセス[編集]
名鉄名古屋本線 御油駅より徒歩約20分
名鉄名古屋本線 国府駅より豊川市コミュニティバス音羽線「松並木東」バス停より徒歩約5分