豊川市立御津南部小学校

豊川市立御津南部小学校

豊川市立御津南部小学校

Toyokawa City Mito Nanbu Elementary School (2011.12) 1.jpg 

過去の名称
御津南部尋常高等小学校
 御津町立御津南部小学校 

国公私立の別
公立学校 

設置者
豊川市 

校訓
ちえをみがく子
 こころをかよわせる子
 からだをきたえる子 

設立年月日
1906年 

共学・別学
男女共学 

学期
3学期制 

所在地
〒441-0311 

愛知県豊川市御津町御馬加美15

北緯34度48分36秒東経137度19分6秒座標: 北緯34度48分36秒 東経137度19分6秒

豊川市立御津南部小学校(とよかわしちつ みとなんぶしょうがっこう)は、愛知県豊川市御津町御馬加美にある公立小学校。

学校の敷地内には南部山と呼ばれる遊び場があり、自然と触れ合うことができる。児童たちは南部山で遊んだりしている。

周囲の環境[編集]

南部山には南部川が流れ、アメリカザリガニやメダカなどの生き物が住み着いている。他にもカシワの木や栗の木などがある。

校区[編集]
豊川市のうち御津町上佐脇、御津町下佐脇、御津町新田、御津町御馬、御津町西方、御津町泙野、御津町大草、御津町赤根の各地区が校区。
卒業生は、豊川市立御津中学校へ進学する。

遺跡[編集]

学校の敷地内に長床(ながとこ)遺跡と呼ばれる弥生時代の遺跡がある。長床遺跡は1936年(昭和11年)に小学校の講堂を建設する際に発見され、壺形土器が約20個発掘された。この土器は胴が大きく膨らみ、口の部分が急に狭くなっている形状をしており、発掘された地名から長床式土器と名づけられた。当時を知る貴重な資料として校長室と玄関に展示されている。

沿革[編集]
1906年 - 開校
1907年 - 校区の制定
1941年 - 御津南部尋常高等小学校に改名
1947年 - 宝飯郡御津町立御津南部小学校に改名
2007年 - 創立100周年

行事[編集]
4月 入学式
6月 音楽会
8月 シデナム・ヒルサイド小学校との交流
10月 遠足
11月 社会見学 みと南まつり
3月 卒業式

アクセス[編集]
JR東海 愛知御津駅下車、徒歩約5分