飯田線下地駅
00denentoshisen.jpg

駅舎(2011年3月)
しもじ - Shimoji
◄船町 (0.7km):(2.2km) 小坂井►
所在地:愛知県豊橋市横須賀町後口
北緯34度46分51秒:東経137度22分14秒
所属事業者:東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線:飯田線
キロ程:2.2km(豊橋起点)
電報略号:モチ
駅構造:地上駅(盛土上)
ホーム:2面2線
乗車人員:-統計年度-167人/日(降車客含まず)-2013年-
開業年月日:1925年(大正14年)12月23日
備考:駅員無配置駅

下地駅を開設した豊川鉄道は、現在のJR飯田線南部にあたる豊橋・大海間を運営していた私鉄である。同鉄道線は1897年(明治30年)に豊橋から豊川まで開通するが、その際下地駅は開設されなかった。下地駅が新設されたのはそれから20年以上を経た1925年12月である。開設当初の名称は「下地停留場[1]」であった。


1943年8月、豊川鉄道線は買収・国有化され国有鉄道飯田線が成立する。これに伴って下地停留場は国有鉄道の「下地駅」となった。開業時から貨物営業を行っておらず、国有化後も貨物・荷物の取り扱いが開始されることのないまま、1987年4月の国鉄分割民営化を迎えてJR東海に継承された。


飯田線下地駅について詳しくみる