角地って資産価値が大きい?

「資産価値が大きいのはやっぱり角地」。 特に日本では「角地神話」が根強く、そんな思いで物件探しをされる方はやはり多いようです。

しかし資産価値が大きいということはあくまで結果に過ぎず、そもそも土地として利用価値が高いからこそ、金銭的に高く評価される=資産価値が大きいということになるのです。しかし東京で不動産を探す際には、一概に角地だから利用価値が高いということも言えません。

角地のメリットは主に2つ

角地本来のメリットには、

1.開放感
2.建ぺい率10%アップ

が挙げられます。

「1.開放感」は例えば40坪、50坪の区画であれば、角地の境界から庭など空地をとって建てられるためメリットが大きいかもしれませんが、20坪前後の土地では建物が角地部分と近いため、プライバシーが確保できず、思ったほど開放感を得られないケースが多いというのが実情です(図1)。

角地の開放感について

「2.建蔽率10%アップ」は数字上は考えられますが、道路斜線が2方向から来るため、現在主流の三層住宅では、三階部屋が小さくなったり、斜線の強い家になってしまうというデメリットがあるのです(図2)。

角地の建ぺい率(建蔽率)10%について


一概に角地だから必ず良い、悪いということは言えず、あくまで物件に求める暮らしによって判断すべきだといえます。

未公開物件は無料会員登録でみつかります!

早速ログイン!

1.1000件以上の未公開物件を掲載しています。
2.ご希望のお客様には弊社独自の未公開物件速報をメール配信。
3.登録は30秒、面倒な条件入力はありません。

その他、売却やローンのご相談はこちらから

センチュリー21は、世界中の78の国と地域6,800店舗、10万人の営業マンを擁する世界最大の不動産ネットワークです。 国内でも895店舗の安心ネットワークで、皆様の大切な不動産のお取り扱いを託されております(店舗数は2016年5月末現在)。
センチュリー21豊川は未公開物件含め多くの不動産物件を取り揃えております。豊田市・みよし市・岡崎市の不動産・一戸建てなど、西三河エリアでの実績が多くございます。住宅ローンの審査や契約も提携先銀行がございます。また、長期優良住宅・フラット35S対応住宅・制震、免震、耐震構造の住宅、地盤調査済の物件も数多く取り扱っております。名鉄豊田線、名鉄三河線、愛知環状鉄道などの物件購入・不動産売買はセンチュリー21豊川にお任せください。