インスペクション(住宅診断)とは?

 建物の状態を把握し安心してお取引いただけるように、専門の講習を修了した建築士が屋根や外壁、室内の壁、天井の雨漏りなどの状態を目視、触診、打診、計測などの方法で調査いたします。
 これにより、建物の不備や欠陥をめぐった、物件売却あるいは購入後のトラブルを防止できます。

建物の状況調査は誰が実施するの?

既存住宅状況調査技術者講習※1を修了した建築士が、既存住宅状況調査方法基準に※2に従って行います。

※1 国土交通大臣が告示に基づき登録した講習であり、5つの講習機関(平成29年6月末現在)が実施。修了者の情報は、修了した講習を実施した講習機関のHPで確認可能。

※2 国土交通大臣が定めた告示。既存住宅状況調査技術者(建築士)による構造・防水に関する調査内容・方法等を規定。

住宅診断の主な調査項目は?

主な調査項目は以下のとおり、調査は目視・計測・書類等により行います。

木造(在来軸組工法)の戸建住宅の例

2階建ての場合の骨組
(小屋組、軸組、床組)等の構成

鉄筋コンクリート造(壁式工法)の共同住宅の例

2階建ての場合の骨組
(壁、床組)等の構成

実際の調査実施のイメージ
(戸建住宅の場合)

瑕疵担保保険とは?>>