生命保険

 不動産購入によって大きく変わる保険内容。しっかり学び余分な保険を整理することが大切です。

効率的な「住宅ローン」返済のために

 人生最大の買い物のひとつであるマイホーム。 そこには、皆様の多くの夢や希望が込められていると思います。 しかし、その反面、人生最大・最長と思われる住宅ローンはやはり不安です。

 そこで、少しでも不安を和らげるため、まずは、保険の選択からはじめましょう。

余分な保険の整理

 住宅ローンを組むと、ほとんどの場合、同時に生命保険に加入することになるのはご存知ですか?

 住宅購入と同時に、借り入れたローン金額分の保険が備わっています。 すでに加入済みの生命保険と重複してしまうケースが大半です。

団体信用生命保険とは

 住宅ローンは、高額のため、超長期にわたっての返済になるのが通常です。団体信用生命保険団信)とは、住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う制度です。金融機関が、ローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むもので、掛け金も安く、また加入時年齢による条件の差がなく、メリットの多い保険であるといえます。

 もし加入していない場合に一家の大黒柱に万が一のことが起こったら、残された家族は住宅ローンに追われて暮らさなければなりません。マイホームに安心して住み続けるために、団信は欠かせない存在と言えます。

次はライフプラン相談室についてです ≫

≪ 住まいの相談室:住まいに関するお金のこと:TOPに戻る.