売買契約-不動産売買契約

 いよいよ売買契約です。売買契約は仲介の場合は価格交渉から1週間後くらいに設定されるのが一般的。契約当日はセンチュリー21豊川宅地建物取引士による重要事項説明確認の後、条件交渉で合意に達した事項を盛り込んだ売買契約書の内容を買主様と売主様に確認していただきます。

 内容をご理解されたら、契約書に署名・捺印し、売主様に手付金の支払いが必要になります。手付金は不動産取引においては物件価格の10%くらいが相場です。 なお、契約を解除するに手付金を放棄しなければなりません。

 売買契約が成立すると、仲介会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料は、売買契約締結時と残金決済時の2回にわけるのが一般的です。

次はローン借り入れ申し込みです ≫

≪ 不動産売買契約時に必要なものに戻る