引き渡し-金銭消費貸借契約

 金融機関から融資が承認されたら、金融機関との間で正式な金銭消費貸借契約・抵当権設定契約を交わすことになります。

 金銭消費貸借契約は売買契約と同じくらい重要。もちろん当社スタッフが立ち会いますが、お客様ご自身が金融機関と連絡を取り、出向いて本人確認のうえ締結しなければなりません。金融機関との契約書・金利に関する事・登記関係書類・成年後見制度に関するものなど、かなりの大量の書類に署名捺印することになり、時間にして約1時間程度は必要とみてください。

 この金銭消費貸借契約によって残代金決済の準備は整ったことになります。

金銭消費貸借契約に必要なもの

 銀行やお客様の属性、売買契約内容によって異なりますが、基本的には以下が必要となります。

  • 源泉徴収票
  • 住民票(ご家族全員分)
  • 印鑑証明証
  • 納税証明書
  • 本人確認書類(免許証・保険証のコピーなど)
  • 実印
  • 通帳
  • 銀行印
  • 収入印紙
住まいの相談室住まいを買いたい:TOP
ご購入相談
住宅購入条件・希望ヒアリングライフプランニング無料相談・プラン作成
住宅購入に関する基礎知識ガイダンスリフォームのご相談
住宅購入予算プランニング
物件選びサポート
物件情報収集・資料作成物件のご紹介
物件現地同行ご案内物件決定 購入お申し込み
資金計画・調達サポート
購入希望物件決定後の購入予算プランニング資金(ローン)シミュレーション
住宅ローン事前審査(借り入れサポート)不動産購入諸費用について
生命保険・損害保険相談
売買契約
重要事項説明書の事前チェック不動産売買契約時に必要なもの
不動産売買契約住宅ローン借り入れ申し込み
生命保険(団体信用生命保険/団信)・損害保険契約
引き渡し
物件の最終確認金銭消費貸借契約
残代金決済・所有権移転登記・引き渡し
引越し・入居後
新生活サポートご購入(入居)後の税金