売買契約-生命・損害保険契約

 団体信用生命保険団信)などの生命保険はローン実行時に、火災保険など損害保険は所有権移転登記時に、それぞれ加入することになります。

団体信用生命保険とは?

 住宅ローンは、高額のため、長期にわたっての返済になるのが通常です。返済期間中に、万が一ということがないわけではありません。そんなときのために、住宅ローンに付随する生命保険として一般的なものが団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)です。

 団体信用保険とは住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。掛け金も比較的安く、また加入時年齢による保険料の違いなどもありません。

 他の生命保険との兼ね合いもありますが、マイホームに安心して住み続けるために、団信加入はとても重要なものとなります。

 民間金融機関の多くは、住宅ローン借入れの際に団信加入を必須としています。借入時のみならず、借換えの際も必要となるので、健康でいることは、より良い住宅ローンを借入れするためにも必要なことなのです。

 一部の民間金融機関とフラット35(住宅金融支援機構)は、団体信用生命保険への加入が任意となっています。フラット35を借入れし、団信に加入する場合には、特約料(保険料)を住宅ローンの返済額とは別に年に一度支払います。特約料は残高によって決まり、1,000万円あたり年間36,000円となります。その他、近年では三大疾病や七大疾病などの保障のオプションもあり、様々なプランがあります。

 もし、本人が死亡してしまった場合、ご家族の方は直ちに住宅ローンを借入れている銀行に連絡してください。連絡が遅れてしまうと、返済が滞納している時などは一部の利息が支払われない場合もありますので注意しましょう。

 なお、民間の住宅ローンですと、通常は保険料がローン金利に含まれている場合がほとんどです。そのため、利用される皆さんは自分が生命保険に加入していることを意識していないケースが多いのですが、もし既に保険に加入していて、その中に住宅資金の保障額も含まれているのであれば、それは重複加入となります。

 住宅ローンを利用するときには、既に加入している保険の見直しも併せて行いましょう。減額となった保険料を住宅ローンの繰上返済の資金に充てたり、長期所得補償保険などの損害保険に加入するなど、保険の組み替えを行いましょう。

住まいの相談室住まいを買いたい:TOP
ご購入相談
住宅購入条件・希望ヒアリングライフプランニング無料相談・プラン作成
住宅購入に関する基礎知識ガイダンスリフォームのご相談
住宅購入予算プランニング
物件選びサポート
物件情報収集・資料作成物件のご紹介
物件現地同行ご案内物件決定 購入お申し込み
資金計画・調達サポート
購入希望物件決定後の購入予算プランニング資金(ローン)シミュレーション
住宅ローン事前審査(借り入れサポート)不動産購入諸費用について
生命保険・損害保険相談
売買契約
重要事項説明書の事前チェック不動産売買契約時に必要なもの
不動産売買契約住宅ローン借り入れ申し込み
生命保険(団体信用生命保険/団信)・損害保険契約
引き渡し
物件の最終確認金銭消費貸借契約
残代金決済・所有権移転登記・引き渡し
引越し・入居後
新生活サポートご購入(入居)後の税金